高利息 定期預金

期間固定の預金を中途解約!気になる手数料の有無を教えます!

およそ通常の出費分をまかなうだけの収入と貯蓄があり、それでもなおお金が余っているのなら定期預金。そのように判断されている方も多いのではないでしょうか。普通預金よりも高い利率で運用できる定期預金があるなら、使わないお金はそちらに移しておくのが得策というものですよね。

定期預金の契約を一つは持っているという方も多いと思います。定期預金は原則的にあらかじめ定められた期間は引き出すことができませんが、通常の収入範囲内で家計をまかなえる方であれば特別不自由を感じることもないでしょう。

しかし、ときには思いがけない事態が起こり、お金に困ってしまうことも十分に予想されます。定期預金の期間は数年に及ぶことも珍しくありません。それほどの期間があれば、身の回りの事情が大きく変わる可能性は誰にでもあります。移り変わりが早い現代社会ともなればなおさらといえるでしょう。

定期預金を組んだときには絶対に使わないだろうと思っていたお金でも、数年を経るうちに雲行きが怪しくなり、どうしてもその定期預金のお金を使いたいと思うこともあるでしょう。ちょうどそのタイミングで満期がくれば何の問題もないのですが、不幸なことにまだ満期まではかなりの期間を待たなければならないということも考えられます。

繰り返しになりますが、定期預金はあらかじめ定められたその期間の間は引き出せないのが原則です。定期預金の高い利率はその約束の元にもたらされているのですから、その高い利率と引き替えに、定期預金の中途解約には違約金のようなものを支払わされるのではないかと心配される方もいらっしゃいます。この点について、少し整理してみましょう。

まず、そもそも定期預金の中途解約は可能なのでしょうか。この点について、一応定期預金は満期まで預けることを約束して行なわれるものですから、あまりよいことではないものの、中途解約自体には応じてもらえることも少なくありません。やはり預入期間が数年に及ぶこともありますから、その間に事情が変わる可能性は考慮してもらえるのです。定期預金を中途解約したい場合、だいたいその金融機関の窓口まで出向く必要があります。まれにATMからでも手続き可能としている金融機関もありますが、窓口対応が一般的と覚えておきましょう。

では、中途解約自体は可能であったとして、解約に際して手数料などがかかったりするのでしょうか。この点についてですが、手数料や違約金など、何らかの金銭的要求をされるという話はあまり聞かれません。そのため、定期預金を解約しようと窓口に出向くと、拍子抜けするほどアッサリと手続きが終わってしまうこともあるのです。

ただし、まったく何の不利益も生じないというわけにはやはりいきません。定期預金を中途解約することにより、得られる利子については多少の影響が予想されます。定期預金の特徴は高めの利率ですが、これが一定の期間お金を預け続けることによってもたらされているのは先も述べた通りです。これを預金者都合でご破算にするという話になりますので、中途解約日までの利率計算はその定期預金本来の利率よりも低い数字に置き換えられてされることが多いのです。

つまり、定期預金の中途解約により、手数料等の費用はかかりませんが、本来得られたであろう利子は減額されるということです。利子については少々厳しい対応がされますが、しかしそれ以外に何か費用を請求されるということはなく、ペナルティ等で預けた元本を割るということもありません。もし事情が変わって定期預金を解約したくなったら、素直に解約するというのも一つの手だと覚えておきましょう。

期間固定の預金、利用前にシュミレーションをやっておきたい理由!

定期預金は利率が高くてお得というのは、一種の常識にまでなっているといえますね。余っているお金があり、当分使わないのなら定期預金へ。そのように勧められた経験をお持ちの方も多いことと思います。

定期預金はお得というのも決して間違ってはいないのですが、盲目的に「お得」と思い込むのはあまり勧められません。定期預金のお得度というのは比較の問題であり、普通預金に比べればもちろん利率が高くお得といえますが、世間一般的な投資商品の利率などに比べればかなり低い利率となっています。もちろん投資にあたってのリスクがほとんどないことからやむを得ない部分ではあるものの、定期預金によってどれだけの利子を得られるか、あまり期待はできないというのが実情です。

ですから、定期預金を利用する前には、できるだけシュミレーションをやっておくことがオススメです。それをやれば定期預金が持つ投資効果がより具体的にわかってくるでしょう。

そういいますのも、定期預金がお得というイメージが強く、あまり後先考えずに余っているお金を定期預金に回し、満期がきて資金を受け取ってみると、思っていたより利子が少なくてガッカリ……というようなことがよくあるからです。ガッカリするだけですむのなら笑い話にもなりますが、他にも投資したいものがあったとしたらどうでしょう。悩んだ末、定期預金のほうがお得というイメージによって定期預金にした結果が後悔とあっては、その投資は失敗という話にもなってしまいます。そうなってしまうと、もう笑い話だけでは済まなくなってくるでしょう。

微々たる結果でも満足できればよいものの、事前に結果が分かっていれば定期預金を選ばなかったという方もいらっしゃるでしょう。そういう後悔を防ぐ意味でも、定期預金を組む前に投資効果をきちんと検証しておくべきです。その定期預金の期間や利率はきちんと明示されていますから、自分が投資する額にあてはめて計算してみましょう。算出された結果に満足できないのであれば、別の投資先を探したほうがよいという判断も必要です。

しかし自分でそのようなシュミレーションを行なうのは楽ではありません。年利の計算は煩雑ですし、得られる利子には税金がかかります。これらの計算を間違いなく行なえればよいのですが、間違って計算してしまっていると間違った判断をくだす原因にもなってしまいます。

シュミレーションはできるだけ正確に行なうことが必須です。そのための方法として、近頃はインターネット上でそのようなシュミレーションを行なってくれるサイトも多数存在します。できるだけこのようなサービスを活用し、自動で計算してくれるデータを参考にするのがオススメです。定期預金を受け入れている各金融機関のサイトにも用意されていることもありますから、自分が利用を考えている金融機関のサイトにそのようなサービスがあれば是非利用してみましょう。利用に当たっては、預け入れ金額と期間、利率を入力すれば、自動的に得られる利子などが算出されます。その定期預金に投資すべきか否かは、そのシュミレーション結果を見ればおのずと判断できるでしょう。

また、このようなシュミレーションを活用することによって、複数の定期預金の投資効果を比較することもできます。定期預金を利用することは決まっていても、どの定期預金が一番お得なのかを判断するための材料としても使えます。

自分が納得して投資するためにも、シュミレーションの利用がオススメです。

定期の預金と国債はどっちがいいのか?悩んだときはコレを確認!

投資は気になるけど、できるだけリスクがないほうがいい。そのようにお考えの方も多いのではないでしょうか。投資にリスクは付き物であるように言われることもありますが、リスクをできるだけ低く抑えることなら可能です。

リスクがないわけではありませんが、事実上ほとんどリスクを懸念しなくてもよい投資先としてよく言われるのが、定期預金というものではないでしょうか。普通預金の上位版といったところで、預け入れる期間が定まっている以外は普通預金と変わりません。それでいて、利子は普通預金よりも高い数字となっています。余っているお金を少しでもお得に運用でき、なおかつリスクが限りなく少ないという投資先ですから、悪くない選択肢です。

投資などにはあまりなじみのない庶民的な方であれば、投資らしい投資といえば定期預金くらいだという方も珍しくないでしょう。ですが、もう少し投資精神が旺盛な方になると、もう少し別の投資先と比べて悩まれている声も聞かれます。

定期預金と並んであまりリスクのない投資先というと、国債がよく登場します。国にお金を貸すことになるこの投資先は、不良債権化する心配があまりないと言われることが多いのです。きちんと利子がついて返ってくる見込みが強いため、こちらもまたお得な投資先としてよく語られます。

定期預金も国債もどちらもそこまでリスクを懸念する必要がないと言われる部分では共通していますが、この両者を比べるといったいどちらがよりお得なのでしょうか。

両者にお金を投じることによって具体的にいくらくらいの利子が見込まれるのかは、各定期預金や国債に設定されている利率によるところが大きいでしょう。そのため、どちらのほうがお得であるという風に一概には言えないところがあります。この点で両者に悩んだときは、それぞれの利率で資金を運用したときの見込み額を計算して、よりお得なほうを選ぶとよいでしょう。

しかし両者には本質的に違いがあります。この点に注目して使い分けるのもよいでしょう。どちらも投資することで利子をつけてお金を返してもらえる可能性がありますが、投資のための金融商品的な性格が強いのは国債のほうなのです。

定期預金のほうは、まとまった額のお金を一定期間預け続けることで高い利率を得られます。これもまた投資の一つではありますが、これはあくまで「預金」にすぎません。これを担保として活用するテクニックもないわけではありませんが、基本的には貯蓄という性格が強く、それ以外にあまり使い道はありません。

一方の国債ですが、これは金融商品として幅広い活用方法があります。定期預金のように、満期まで自分で所持し続けていてもよいでしょう。この場合、満期になれば利子がついてお金が戻ってきます。所持している間、ちょっとした自分の資産として活用することも可能です。場合によってはこれもちょっとした担保として活用することも不可能ではないでしょう。さらに言うと、状況によっては国債を満期まで所持せず、途中で第三者に売却することも可能です。利子収入よりも売却益のほうが効率がよさそうだと判断すれば、そのような対応も可能なのです。

両者にはこのような違いがあります。国債のほうが投資として活用の幅が広いことがわかるでしょう。定期預金と国債でどっちがいいのか悩んだときは、投資として幅広い使い道をしたいかどうかで選んでみるとよいでしょう。利子収入だけで十分だという方は定期預金を、それ以外にもやりたいことがあるのなら国債を選ぶとよいのです。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 >