クレジットカードを定期預金で作る裏技

クレジットカードを作れない人に朗報!定期預金で作る裏技のご紹介!

社会の中で生きていると、ときには「自分の社会的信用」が問われる場面がありますね。信用如何によっては、サービスの提供を断られることすらありえます。個人的な人間関係などは長い時間をかけてゆっくり信用を作っていけますが、社会の中で幅広く活動する上では、どうしてもある程度自分の信用を保証するステータスが必要になることもあります。

そんな信用に関する話でよく登場するのはクレジットカード。お店での支払いやインターネット上の支払において、キャッシュレスで素早く決済を終えられるこのカードは大変便利です。そのため、クレジットカードを求める方も多いのですが、申し込んだ方全員がこのカードを手にできるわけではありません。このカードもまた社会的な信用が不可欠なカードであり、信用が不足していると判断された場合、カードの発行を断られることが多いのです。

社会的信用といったものは、年収や勤務歴などによって決まります。どれもこれも一日や二日で何とかできるものばかりではありませんから、「信用不足」と判断されてしまうと、どうしてもその信用を補うのは難しくなってしまいます。結果的に、しばらくはクレジットカードを諦めるという選択をせざるを得ない方も多いのではないでしょうか。

そういう方には朗報となる話があります。社会的な信用がないと一般的に判断されやすい状況にあっても、簡単に信用を保証できる、非常に簡単な方法があるのです。それは、なんと「定期預金」を活用する方法です。

定期預金といえば、普通用金よりも利率の高い預金で、ちょっとした投資商品であるという理解をされている方も多いでしょう。お金に余裕があるときに何となくでも組める手軽さが魅力ですから、特に意識することなく定期預金を持っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。そのようなものでも、定期預金を活用してクレジットカードを手にすることのできる可能性があります。定期預金は投資目的でやるものと思っており、まだ定期預金を作ったことがないという方は是非この機会に定期預金を作ることを検討されてみてはいかがでしょうか。

では、定期預金とクレジットカードがどのように結びつくのか、簡単にご説明しましょう。

定期預金には高い利率でお金を預けられるという投資面だけでなく、その預金の持ち主の信用を保証する、いわば担保としての性格もあるのです。定期預金は「預金」ですから、その口座があるということは、それだけお金があるということの証明に他なりません。ましてそれは「定期預金」。満期までの期間においては原則的になくならないとみなされるお金です。社会的な信用は経済力と強く関係しますから、「長期間にわたってなくならないと思われるお金がある」というのは、信用を保証するのに十分なのです。定期預金として預けているお金が高額になれば、もう言うことがありません。

このように、定期預金も信用を保証する手段の一つになり得ます。したがって、クレジットカードを作るときの審査時に、信用を保証する手段の一つになり得るのです。

ただし、定期預金を担保として活用する場合、定期預金を作っている金融機関に限って担保となりやすい一面があることを覚えておきましょう。その他の金融機関や企業に対して担保として申請しても認めてもらえないことがあります。定期預金を担保としてクレジットカードを作る場合、自分が定期預金を作っているその銀行などが提供しているクレジットカードを選べば、比較的話がスムーズとなるでしょう。