期間固定の預金、利用前にシュミレーション

期間固定の預金、利用前にシュミレーションをやっておきたい理由!

定期預金は利率が高くてお得というのは、一種の常識にまでなっているといえますね。余っているお金があり、当分使わないのなら定期預金へ。そのように勧められた経験をお持ちの方も多いことと思います。

定期預金はお得というのも決して間違ってはいないのですが、盲目的に「お得」と思い込むのはあまり勧められません。定期預金のお得度というのは比較の問題であり、普通預金に比べればもちろん利率が高くお得といえますが、世間一般的な投資商品の利率などに比べればかなり低い利率となっています。もちろん投資にあたってのリスクがほとんどないことからやむを得ない部分ではあるものの、定期預金によってどれだけの利子を得られるか、あまり期待はできないというのが実情です。

ですから、定期預金を利用する前には、できるだけシュミレーションをやっておくことがオススメです。それをやれば定期預金が持つ投資効果がより具体的にわかってくるでしょう。

そういいますのも、定期預金がお得というイメージが強く、あまり後先考えずに余っているお金を定期預金に回し、満期がきて資金を受け取ってみると、思っていたより利子が少なくてガッカリ……というようなことがよくあるからです。ガッカリするだけですむのなら笑い話にもなりますが、他にも投資したいものがあったとしたらどうでしょう。悩んだ末、定期預金のほうがお得というイメージによって定期預金にした結果が後悔とあっては、その投資は失敗という話にもなってしまいます。そうなってしまうと、もう笑い話だけでは済まなくなってくるでしょう。

微々たる結果でも満足できればよいものの、事前に結果が分かっていれば定期預金を選ばなかったという方もいらっしゃるでしょう。そういう後悔を防ぐ意味でも、定期預金を組む前に投資効果をきちんと検証しておくべきです。その定期預金の期間や利率はきちんと明示されていますから、自分が投資する額にあてはめて計算してみましょう。算出された結果に満足できないのであれば、別の投資先を探したほうがよいという判断も必要です。

しかし自分でそのようなシュミレーションを行なうのは楽ではありません。年利の計算は煩雑ですし、得られる利子には税金がかかります。これらの計算を間違いなく行なえればよいのですが、間違って計算してしまっていると間違った判断をくだす原因にもなってしまいます。

シュミレーションはできるだけ正確に行なうことが必須です。そのための方法として、近頃はインターネット上でそのようなシュミレーションを行なってくれるサイトも多数存在します。できるだけこのようなサービスを活用し、自動で計算してくれるデータを参考にするのがオススメです。定期預金を受け入れている各金融機関のサイトにも用意されていることもありますから、自分が利用を考えている金融機関のサイトにそのようなサービスがあれば是非利用してみましょう。利用に当たっては、預け入れ金額と期間、利率を入力すれば、自動的に得られる利子などが算出されます。その定期預金に投資すべきか否かは、そのシュミレーション結果を見ればおのずと判断できるでしょう。

また、このようなシュミレーションを活用することによって、複数の定期預金の投資効果を比較することもできます。定期預金を利用することは決まっていても、どの定期預金が一番お得なのかを判断するための材料としても使えます。

自分が納得して投資するためにも、シュミレーションの利用がオススメです。