定期の預金、担保として使える可能性

定期の預金の意外な一面!信用を保証する担保として使える可能性!

余ったお金の投資先として、定期預金を組んでいる方も多いと思います。使わない見込みが高く、なおかつまとまった額があるのなら、少しでもよい利率で預けておける定期預金がお得というものですよね。

と、このように、定期預金は余ったお金のとりあえずの投資先として選ばれることが多いものの、定期預金が持つメリットはそれだけではありません。投資目的以外にも定期預金を使うメリットはあるのです。定期預金をうまく活用するためにも、是非投資面以外のメリットについても理解しておきましょう。

あまり一般的には知られていませんが、定期預金には一定の担保としての機能があります。担保といえば、土地や物件など、ある程度の資産ではないとなかなか担保としての機能を果たせませんが、定期預金ならその機能を果たせることがあります。担保にできそうな資産がない方であっても、定期預金を持っている方ならたくさんいらっしゃいます。担保としての性格についても同時に注目してみてはいかがでしょうか。

しかしいくら定期預金とはいえ、しょせんは預金といえます。なぜこれが担保になり得るのでしょうか。

定期預金が担保になるのは、やはり「定期」と名がついているだけに、一定期間その預金額が動かないことが大きいといえます。普通預金であればいつでも出し入れが自由であるため、担保として認めるのは少々不安が大きいのです。たとえ高額の預金があったとしても、次の日に全額引き出されてしまう可能性もあります。それでは担保としての性格は保てないということになってしまいますね。定期預金ならば満期日までその金額が保証されているとある程度は見ることができます。だからこそ、担保になりえるのです。

また、定期預金は一つの口において、後から追加でお金を入れることもできません。だからこそ多くの方はある程度まとまった額のお金を貯めてから定期預金を組まれます。そのため、定期預金は必然的に高額なものになりがちです。これもまた担保としての性格を強めています。

その他の資産などに比べるとやや見劣りされることもありますが、それでも定期預金は比較的誰でも作れる担保と見ることができるでしょう。余っているお金を投資目的で定期預金とするのもよいですが、それを自分の信用を証明するための手段としても活用可能だということも併せて覚えておくとよいでしょう。

定期預金にはこのような性格があります。自分の信用を保証してくれるバックグランドがあまりない方は、ときには自分で自分の信用を保証する手段として、戦略的に定期預金を活用されてみてはいかがでしょうか。